「私達この本が大好きです」

, , , , , , , , , , , , ,

2018年9月14日

 

本日は津田沼へ行って来ました。

お世話になっている書店が閉店してしまうのは、本当に悲しい。このお知らせを聞いたときに、もっと何か出来たのではないかと勝手にぐるぐるとしてしまったのでした(今もそれは考え続けています)。

それでも、ともかくお礼を伝えに行かねば!という事で、津田沼の昭和堂さまへ。

 

思えばこちらを引き継いだタイミングで既に、里崎さんの『捕手異論』のイベントが決まっており、ただ発売が延びてご迷惑をお掛けしており、すいませんという所からはじまったのでした。

いや、しかし里崎さんのトーク&サイン会は満員御礼で非常に盛り上がりました。弊社の本では珍しく、お店の週間売り上げランキングにも入りました。それも良き思い出。

里崎さんトークショー&サイン会

里崎さんのユニフォーム

 

その後も、”にっぽんスズメ”シリーズのパネル展をやって売り伸ばして頂いたり(今も『にっぽんスズメ楽園』のパネル展を開催中!)、

「にっぽんスズメ楽園」パネル展

 

久住昌之さんの『線路つまみ食い散歩』と『ニッポン線路つたい歩き』を地図&線路フェアに置いて頂いたり(こちらも現在展開中!)と

久住さん本2点面陳

 

今やって頂いている2つを挙げましたが、いつもこちらの提案に1つ乗っけて応えて頂いてこちらが勉強するという感じでした。本当にいつもいつもありがとうございました。

さて、弊社の話はこの辺で。

 

最後という事もあって、お店の大部分を使って行われている「私達この本が大好きです」フェアが最後だからこそ出来るフェアなのでしょうが、全ての作品に想いがこもったPOPが付いていて魅入ってしまいます。書店員の知識の深さに感嘆しつつ、丁寧に堪能して参りました。

私達この本が大好きです①

 

私達この本が大好きです②

 

中から、POPに惹かれた集英社文庫の『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(高野秀行著)をレジへ持っていき店長にカバーをかけてもらう。何とオリジナルの栞付き‼︎このPOPは是非昭和堂さんへ伺って確かめて下さい。他にも欲しい本が沢山、財布の中身が潤っていれば…

『謎の独立国家染まりランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』とオリジナルの栞

 

お話を伺うと、最後だからとにかく好きにやったら動きが良いんですよとの事。フェアを見れば、どれだけ本が好きかビンビンに伝わってきます。

 

そう言えば、僕の大好きな漫画家今井哲也さんはこちらの昭和堂さんでアルバイトされていた事をお店のPOPで知ってびっくりしたのを思い出したり。本当に思い出がいっぱい。

最後のご挨拶をしていても、全然ピンと来なくてまた来月!という気持ちになって帰って来たのでした。いや、9/15まで営業しています。みなさま、是非是非是非に昭和堂さまへ足をお運び下さい!!

閉店のお知らせ…

 

 

営業部 伊藤