担当編集に聞く10の質問「バルセロナコーチングメソッド」編

2015年9月9日

 

今回の「担当編集に聞く10の質問」は指導者向けの翻訳書「バルセロナコーチングメソッド」の編集担当であり、「フットボール批評」の編集長・森が登場!

分厚い翻訳書の編集作業過程を語ります!

 

Q1、自己紹介をお願いします。(好きな食べ物、趣味などもご自由に書いてください)

森哲也です。フットボール批評の編集長をしています。

 

Q2、なぜこの本を企画したのか

今回、翻訳していただいた高司さんよりラウレアーノ・ルイスの本を日本で出版しないかと提案があり、自分の中では即決しました(笑)。あのFCバルセロナの育成やトレーニングの生みの親である伝説の指導者の本ですから、是非とも日本で出したいと。

 

Q3、この本のオススメポイント

実用的な要素もふんだんにあるのですが、どちらかというと指導の哲学書といった趣。全編を通して、現在のサッカーや指導法に批判や疑問を呈しながら、正しい方法を具体的かつ論理的に提言していくスタイルで、バルセロナ好きだけでなく、多くの指導者に読んで欲しい内容です。

 

Q4、この本で一番好きな文章やページ

全面的に自分がこれまで実践してきたサッカーを「正真正銘のサッカー」と誇示し、フィジカル重視のサッカーなどを「サッカーではない」と否定しているところ。ラウレアーノらしい。

 

Q5、制作期間(企画立案~発売まで)

1年半ほど。400ページ近くのボリュームなどで多くの人の力を借りながら時間をかけて制作しました。

 

Q6、編集制作で気を付けたところ、凝ったところ

原書はある程度、指導の知識があることを前提に書かれているので、指導知識がなくても理解していただけるように工夫しました。また専門用語をわかりやすく伝えられるように気を付けました。

 

Q7、制作の中で一番苦労した点

このボリュームで、なおかつ重厚なので、あらゆる作業に時間がかかりました…。

 

Q8、著者、翻訳、監修、ライターさんなどと印象に残っているエピソード

翻訳、ライターさんには何度も何度も修正をお願いして、磨き上げていただきました…。

 

Q9、どんな人たちに読んでほしいですか

バルセロナの指導哲学の真髄を知ることができ、サッカーの指導における非常に普遍的で本質的なことが書いてある本です。必ず指導の指針を考える上で助けになる本なので、すべての指導者に読んで欲しい。いまの日本の指導に疑問を感じている人には特に!

 

Q10、読者へ一言

分厚い本になりますが、それだけ大事なことがたくさん詰まっています。是非、手に取ってみてください。

 

世界最高のサッカー指導書 バルセロナトレーニングメソッド

2015年9月2日画像2