ベースボールサミット第6回 特集 千葉ロッテマリーンズ

2015年7月14日

 

21世紀に入ってから2005年・2010年に日本一に輝いている千葉ロッテ。
今年、2015年は5年ぶりのゴールデンイヤーとして、ファンの方も例年以上にチームに期待を懸けているはず。そんな千葉ロッテマリーンズの今を感じられる総力特集号です。

【目次】

●夏だ!QVCマリンに出かけよう!
●背番号7鈴木大地 僕はエリートではない。若きキャプテンが描く、これからの千葉ロッテ
●背番号12石川歩 積み上げてきた自信。自分のボールが投げられれば、結果はついてくる
●背番号29西野勇士 圧倒的な武器がないからこそ、完璧に抑えて、相手に絶望感を与えたい
●背番号61角中勝也 ヒットメーカーの技術論。チームのために「勝負所で必ず打ちたい」
●背番号1清田育宏 僕はまだ結果を出していない。1年間、チームの戦力に
●背番号14大谷智久 ユーティリティ投手としての存在感
●背番号4荻野貴司 走らなければ、自分がいる意味はない
●背番号23中村奨吾 「今はどのポジションでも打順でもいい」固定観念を持たず、対峙したい
●背番号45田村龍弘 プロ3年目、絶好のチャンス。正捕手定着への誓い
●背番号9福浦和也 千葉に恩返しを、ファンの期待には結果で。幕張の安打製造機の想い
●山室晋也球団社長 「おもてなし」の心を持って 12球団一のチームとファンの距離が近い、結束力のある球団にしたい
●交流戦名物 挑発ポスター
●M☆Splash!!も気持ちは一つ みなさんと歌って踊る”歓喜のテーマ”は格別です!
●夏だ!ビールの季節だ! 私たちマリーンズ・カンパイガールズです
●「QVCマリンフィールドで優勝の瞬間を見届けたい」ネット裏からマリーンズを支えるウグイス嬢
●ALL for CHIBA 千葉ロッテ応援団やっぱりマリーンズが好き!
熊谷俊人(千葉市長)/永島敏行(俳優)/浜岡賢次(漫画家)/倉持明日香(AKB48)
●マリーンズビッグフラッグに込めた思い
●OBに聞く、オリオンズ&マリーンズ球団史 有藤通世/小宮山悟/里崎智也

Vol.6

オンラインショップでのご購入はこちら→