東京国際フットボール映画祭&サッカー本大賞2015

2015年2月12日

 

7日(土)8日(日)11日(水)の土日祝日に、カンゼンで初となるイベント「東京国際フットボール映画祭2015」を開催しました。

「東京国際フットボール映画祭2015」とは国内外問わず、珠玉のフットボール映画を上映する映画祭です。映画は全7作品でまだ日本では公開されていないような映画も多く、サッカー好き映画好きの数多くの方々に観に来て頂きました。

上映作品はこちらの7作品です。

MESSI

イスタンブール・ユナイテッド ~サポーター革命~

ベンジャミン・フランクリンの息子たち ~アメリカン熱狂サポーターライフ~

FCルワンダ

ガルーダ U-19 ~若鷲の勝利への旅立ち~

We are REDS! THE MOVIE ~開幕までの7日間~

ユルネバ ~キミは一人じゃない~

 

中でもFC東京の熱狂的サポが主人公の、「ユルネバ」は毎回満席となり立ち見も出るほどお客さんが入っていました。そして各映画の上映後には様々なゲストを招いてのトークショーも行い、映画のもっと深い部分まで知ることができる貴重なトークとなりました。

DSC_0362 DSC_0065

 

DSC_0029 DSC_0299

 

3日に渡り行いました「東京国際フットボール映画祭2015」はお陰様で大盛況で終了。

スタッフとしての参加でしたがイベント自体とても楽しめました。また来年再来年と恒例行事にしたいですね。ご来場頂きました皆さん誠にありがとうございました。

 

「サッカー本大賞2015」ノミネート作品12冊の魅力を紹介!

そして、最終日の11日(水)には今年で2回目となる「サッカー本大賞2015」も同時開催。

2014年の作品で12本がノミネートされ「大賞」「翻訳賞」「読者賞」を当日発表。結果はこちらです。

●大賞

「サポーターをめぐる冒険」
中村慎太郎著 ころから刊

●翻訳サッカー本大賞
「孤高の守護神 ゴールキーパー進化論」

ジョナサン・ウィルソン著/実川元子訳 白水社刊

●読者賞

「通訳日記 ザックジャパン1397日の記録」
矢野大輔著 文藝春秋刊

DSC_0644

授賞された著者、版元、関係者の皆様おめでとうございました!

また来年も「東京国際フットボール映画祭2015」&「サッカー本大賞2015」の同時開催できるよう弊社も頑張ります。

今後もこちらのイベントをよろしくお願い致します。

営業部 安川